2017年2月25日 admin

今の弁護士費用を惜しんで将来後悔しませんか?

一口で離婚と言っても状況は人それぞれで抱えている問題もそれぞれです。

中には円満離婚できる場合もありますが、財産分与や親権、養育費などきちんと決めなければならない大切なことは沢山あります。

しかし厄介なことに、離婚するまで関係がこじれた相手と円満にこれらの話し合いができるかと言ったら、そうでない人が多いと思います。

そこで弁護士を立てたらいいのですが、調べるとなかなか費用がかかります。着手金に成功報酬を合わせたら一体いくらになるのやら、と悩んで断念した人もいるのではないでしょうか?

しかし話し合いができない相手なら専門家を立てた方が良いでしょう。決して安くない弁護士費用ですが、将来揉めて後悔しないために専門家に間に入ってもらうのをおすすめします。

専門家を入れた方が早く解決する。

離婚の際、夫婦間で財産分与や親権で話し合いがもたれると思いますが、数回話し合って解決できないなら早めに専門家に入ってもらうのが良いと思います。

夫婦間以上に義両親へ手を焼いているという方も専門家の介入をおすすめします。あなたから義両親へ訴えてもあちらが変わる可能性は低いので、弁護士を通して自分の希望を伝えましょう。

弁護士なら他の事案も一緒に解決してくれる

もし離婚理由が相手の浮気の場合、配偶者と浮気相手のどちらにも慰謝料請求をすることができるので、離婚の手続きと慰謝料請求をまとめて弁護士へ依頼することができます。問題が一度に解決できるので負担はかなり楽だと思います。

今は初回無料の相談を行っている法律事務所もありますし、ホームページから男性か女性かを確認することも可能です。

地域で無料相談会が開催されることもあるので、一度足を運ばれるといいと思います。

日本で最初の本格的な弁護士保険がmikataです。その特徴は色々な法的問題に対処できることです。押し買いトラブルや離婚調停など、多くの事柄が保障範囲となっています。