2017年1月23日 admin

借金をしていた期間が長い人は確認を

借金を長い期間返済し続けていた人にとっては、利息の支払いが難しいといった経験が有る人も多いですよね。しかし、本来であれば支払う必要の無かった過払い金を支払っている人はとても多いんですよ。自分の借金の利息が法律に定められている額よりも多い場合には過払い金を返してもらえる可能性があるでしょう。そのため、今までどのくらいの利息でいくら借金を返済してきたかによって受け取れる過払い金の額が変わってくる事があるんですよ。

借金の額を大幅に減らせる可能性もある

過払い金の返還を受けた場合、本来であれば払わなくても良いお金を金融機関から返済してもらえますよ。正しい利息の額を計算しなおした結果、借金の金額を減らす事が出来れば、より金銭的な余裕を持った状態で借金の返済を行えるようになるでしょう。また、場合によっては現金が戻ってくるという事もありますので、過払い金の額を正確に把握しなければなりません。手続きについて不安な事があれば、弁護士などの法律家に相談すると良いでしょう。

過払い金請求の準備とは

過払い金を返還してもらう場合には、今までに自分がどれだけの金額の借金を返済してきたかが分かる資料を持っている事が重要になるでしょう。例えば、金融機関への返済の記録が分かるような資料を用意して返還請求をした場合、正確な過払い金の額を出せるようになりますよ。しかし、手元に資料が残っていないという人も少なくありませんよね。そのような場合には法律家に依頼して資料を金融機関から取り寄せると過払い請求を行えるんですよ。

自己破産の手続きを自分ですることは、よほどの知識がない限り非常に困難なので、法律の専門家に一任しなければなりません。